二重まぶた

私が実践していた二重まぶたにする方法

私が子供の頃は、現在のように自分で一重まぶたを二重まぶたにするグッズなどは売っていなかったと思います。

中学生くらいの頃から、靴下用ののりを使って二重まぶたを作ることが流行しました。

私も一重まぶただったので、みんなと同じように靴下用ののりを買って二重まぶたにしようと頑張っていた時期があります。

でも、まぶたの皮膚は薄くて弱いため、何度も使っているうちに皮膚がただれてきてしまった経験があります。

その後は、二重まぶたにすることはあきらめてメイクなどでコンプレックスをカバーしてきました。

大人になってから、プチ整形などと呼ばれて二重まぶたの手術をする人も増えたので、いつかは私も手術を受けてみようかと考えていたんですが、年齢とともにいつの日か一重だったまぶたがうっすらと二重まぶたになってきました。

年齢とともにまぶたのしわがたるんできたのだと思うのですが、今では寝起きの時などは三重になってたりすることもあります。

二重まぶたにした体験談メニュー